タマネギはみじん切りじゃないと!血液サラサラ効果が出ないって本当!

調理のコツ

今回は、タマネギについて調べてみました、

タマネギを刻んでいて目にしみる〜って経験をお持ちではないですか?

そこにはやはり秘密がありました。ではご案内します。

スポンサーリンク

「細かく刻む&水にさらさない」でアリシンを丸ごとゲット!

タマネギの辛味、何となくやっている「切ってから水にさらして辛味を抜く」方法は、

栄養面からみてもとてももったいない事なんです!

空気にふれることで、コレステロールを抑えて血液をサラサラにする

「アリシン」に変化します。

タマネギは細かく刻めば刻むほど効果が上がるんです

みじん切りやすりおろしで10分ほど放置すれば元気に活性化してくれます。

この時に水にさらすと、アリシンはもちろん、大事な水溶性ビタミンも流れだすので

注意してください!

 スープや煮物に使う場合でも、いきなり茹でずに、

まずは油で軽く1分程度炒めることで、アリシンの流出を防げますので、

さらにお得になります!

スポンサーリンク

お得に食べるなら細かいみじん切りを!

タマネギのアリシンには、血液サラサラ効果だけでなく、代謝促進や疲労回復、

美肌にも効果あり

まさに余すところなく摂りたい成分です。

繊維と垂直に包丁を入れてからみじん切りにすると、バラバラにならず、

切りやすいですよ。

皮をむいて半分に切り、断面を下に、

繊維と垂直になるように細かく包丁を入れたら、

タマネギを90°回転させて繊維と平行に細かく切る。

「あめ色タマネギ」は栄養価ゼロ?

タマネギをあめ色に炒めると、甘みとコクが出ますが、

これは硫化アリルが長時間の加熱によって「プロピルメルカプタン」

という糖分に変化するためなんですが。

砂糖の50倍の甘さでローカロリーという点では嬉しいけれど、

ビタミン類はほとんどなくなります。

栄養面で考えると炒めすぎずは、大損することに!

芯は捨てないで!

タマネギをずっと保存しておくと芽や根が伸びてきますが、

これは生長点が根元と先端にあるからです、

芯にも栄養が詰まっていますので、

芯も捨てないで活用しましょう!

細胞を壊すことで血液サラサラ効果に!

「アリシン」は生活習慣病の原因やドロドロ血液の予防に

効果的といわれています。

その「アリシン」のもとがタマネギにはたくさん含まれています。

ただし、細かく刻んで細胞を壊さないと活性化しませんので要注意!

まとめ

今回はタマネギについて、ご案内してきましたが、いかがでしたか? 

少しでも参考になればと思います。

コメント