ニラは部位ごとに切り方を変えないと?4倍損をする!

調理のコツ

今回は、ニラについてなんですが

「ニラを部位ごとに切り方を変えないと4倍も損!」ということを知りました。

独自なにおいを持つにらですが、今では、年間を通して出回るようになりました。

しかし、ニラの部位ごとに栄養素が違うように、

切り方を変えることで左右されるようです。詳しく調べてみましたのでご案内します。

スポンサーリンク

根元はみじん切り、葉先はざく切り!

切り方を変えて栄養を逃がさない

ニラは緑黄色野菜の中でもトップクラスの「栄養王者」です。

葉先には風邪予防やアンチエイジング効果のあるビタミンが豊富。

根元には疲労回復に効果テキメンなアリシンが4倍も含まれています。

でも、切り方次第でその25%の栄養が台無しになることも!

タマネギやニンニクと同様、根元のアリシンを充分摂るなら、

できるだけ細かく切って活性化してから、10分以内に食べるのがベストです。

ただし、葉先のビタミン類は細かく刻むと失われます。

だから、葉先はできるだけ大きくざく切りするのがポイントです! 

また、濡れたまま置いておくのもビタミンが失われるので、

洗うのも切るのも調理の直前がベストです!

葉先よりも根元に4倍ものアリシンが!

ニラには、疲労回復効果や血液サラサラ効果も高いとされる

「アリシン」が含まれています。

特に葉先よりも根元の方に4倍にもなるアリシンが含まれて

いるそうです!

葉先にはビタミン 類がぎっしり詰まってる!

葉先はビタミン A、ビタミンC、ビタミンEなどが豊富に詰まっています。

別名「マルチビタミン野菜」とも。ニラに含まれるクロロフィルには、

腸内の解毒効果があると言われています

スポンサーリンク

「ニラ+ビタミンB1食材」で吸収率が10倍もアップする!

夏バテ対策やスタミナ料理にニラがよく使われるのが、

ニラのアリシンが、疲労回復効果があるビタミンB1の吸収率を

10倍もアップさせてくれるから。実は、アチシンは時間で変身する成分。

10分でアリシンの活性はピークを迎えますが、15分以上経つと血糖値を抑える

シスルフィドに、30分以上経つと血栓予防効果のあるトリスルフィドという

成分に変化します。

調理方法だけでなく、調理時間もTPOに合わせて使い分けてください。

*ニラはビタミンB1の多い豚肉やレバーと一緒に! 豚ひき肉と混ぜ、

餃子のタネにするのも、お得なレシビのひとつに。

ニラ調理はタイミングが命!

ニラに含まれるビタミンCやカリウムは、水に溶けやすいため茹で調理はNGです。

「炒める」などの加熱料理も1〜2分の時短にするのがポイントです。

電子レンジで「簡単おひたし」に! 

春先のニラは生でも食べられるので、ごま油などで和えれば脂溶性である

ビタミンAの吸収率が10倍アップします。

まとめ

いかがですか? ニラの持つ特徴や切り方、

部位によって栄養素が全く違うことなど、

調理のタイミングなども今後のヒントに、

健康な体作りに役立てていただければと思います。

コメント