カリフラワーの栄養素「生」でビタミンC100%ゲット!効果・効能?

調理のコツ

カリフラワーは、観賞用としても利用される野菜ですが、

ビタミンCが豊富に含まれていて、疲労回復、かぜの予防、

ガン予防、老化防止に効果があるといわれています。

そんなカリフラワーの有効な調理の仕方について

調べてみましたのでご案内します。

スポンサーリンク

カリフラワーは生で食べればビタミンCがまるごとゲット!

キャベツから派生した仲間・ブロッコリーに比べると

ちょっと存在感の薄いカリフラワーですが。

ローカロリーでビタミンCがとても豊富なんですね

水溶性の植物繊維やカリウムで便秘やむくみを防いで

くれるとあって、美容面や健康面でも、注目されている食材です!

カリフラワーは「生」でもおいしく食べられる野菜です。

薄切りにしてサラダにすれば、ポリポリとした食感が新鮮です。

カリフラワーのビタミンCは加熱にも強く

茹でても6割程度は残ってくれます。もちろん、生なら100%の

ビタミンがそのまま摂取できます

海外では生食が日常になっているところもあるので

ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

レモンよりも豊富なビタミンC

カリフラワーは淡色野菜なのにビタミンCはレモンより豊富なんですよ!

細胞組織でしっかりガードしてくれているので、茹で調理でも流出しにくいので

ぜひサラダなどにもおすすめです。

発ガンを抑える効果も!

大根やカリフラワーなどのアブラナ科の野菜に含まれるイソチオシアネート。

実は、免疫機能を高めてくれて、ガンの発生を抑える効果も期待されている

野菜ですので積極的に摂り入れたいですね。

スポンサーリンク

歯ごたえが魅力!「カリフラワーのスライスサラダ」

カリフラワーのビタミンCの量はブロッコリーよりも若干低くなりますが

生なら断然カリフラワーの方が上!

苦みや青臭さのあるブロッコリーに比べ、カリフラワーなら

ポリポリとした食感が楽しめて、生でもおいしく食べられます。

房をそのままピクルスにするのもおいしいですが、

2mm程度のスライスにしてお好みのドレッシングをかけるだけでおやつにも。

ニューヨークで大人気! 注目のトレンド野菜に?

ニューヨークのレストランは、ベジタリアンなメニューが人気だそうです。

今はカリフラワーが大活躍!

 カリフラワーを細かく刻んでご飯の代わりにしたり

小麦粉の代わりに粉末にしたカリフラワーを使ったパンなど、

炭水化物の代わりに食べるのがベターなチョイスとか? 

また、すりつぶしてマッシュやペーストにするヘルシー調理も

人気のようです!

まとめ

いかがでしたか? 一般的な白色種に比べ、

グリーンのものはビタミンCが倍近く含まれているそうです。

また、オレンジカリフラワーはβ-カロテンが多く

紫色のものにはアントシアニンが多く含まれています。

鑑賞用途として食卓を華やかにさせたり、

当然食べて体に良いものですから積極的に摂り入れたい食材ですね。

コメント