キャベツはスープにするとビタミンを9割キープ!って本当ですか?

調理のコツ

多年草、野菜として広く利用されるキャベツですが、

スープにするとビタミンを9割キープできる?

また、キャベツの芯の部分についても栄養素が多く

含まれていることなど、キャベツの持つ魅力について

調べましたので、ご紹介します。

スポンサーリンク

水溶性ビタミンも、スープごとなら余さず摂れる!

サラダに、塩もみに、鍋物に、ロールキャベツ・・・。

さまざまな料理に活躍するキャベツ。

栄養価も使いやすさも優秀なキャベツを、

賢く食べるならスープがおすすめです。

キャベツは生で食べることも、もちろんできますが、

繊維質が消化しずらく、かさも多いためにたくさん食べられません。

しかも炒めた場合3〜4割、蒸した場合でも2〜3割ほど

ビタミンCが減ってしまいます。

煮込んだ場合もキャベツ自身は5割ほどまで減りますが、

スープまで飲めば、一部は酸化しますが90%摂ることが可能に。

ビタミンUも水溶性のため、「煮込んだスープ」が、よりお得なんです。

*ビタミンCは外側の葉に多いので、むきすぎに注意!

天然の胃腸薬ビタミンU

胃の調子を整え、胃潰瘍などを防止するビタミンU。胃腸薬にも利用されている

別名「キャベジン」で、ビタミン様物質(動きはビタミンに近いが、

体内で合成できる物質)です。

ビタミンCが多いのは外側の葉

キャベツにたくさん含まれるビタミンC。いちばん多いのは緑色が濃い、

外側の葉の部分です。次に多いのが芯の周辺です。

ほかにもカルシウムやアミン酸も豊富な優秀な野菜なんです。

スポンサーリンク

芯も栄養がたっぷり、なので捨てないで!

芯もビタミンCが詰まっているので、スライスして一緒にスープにしましょう。

食感の違いも楽しめます? キャベツや白菜などの結球野菜は、

基本的に葉よりも芯に栄養があるので残さず食べて。

スープに溶けたビタミンCは加熱により酸化し、単体では働かなくなります。

ただし、アミノ酸化合物など別の成分と反応することで、

同じ働きを取り戻すと考えられます。

キャベツはカルシウムも摂れる野菜⁉︎

カルシュウムを含む野菜はたくさんありますが、

実は体内に吸収できるのは少ないんです。その点、

キャベツは、カルシュウムの吸収を助けるビタミンKを含んでいるため、

吸収率は牛乳と同じ30%! ビタミンKは脂溶性なので、

スープに少しオイルをたらしたり、ベーコンを炒めてからスープにしたりすると、

より効率よく栄養が摂れます。

まとめ

いかがでしたか? キャベツにはビタミンC、Kが豊富に含まれています。

風邪の予防や疲労回復に、また、肌荒れなどにも効果があるようです。

胃が弱っている時には積極的にキャベツを食べると胃が楽になるともいわれています。

ぜひお試しください!

 

コメント