一山麻緒ワコール東京オリンピック女子マラソン最後の代表に内定!

スポーツ

一山麻緒がやってくれました!

東京オリンピック女子マラソン残り一枠を狙って一山選手が

名古屋ウイメンズマラソンで躍動。五輪マラソン残り一枠を決定ずける走りで

最終レースを優勝で締めくくってくれました。内容を見ていきましょう。

スポンサーリンク

名古屋ウイメンズマラソンで決めた!

 

スポンサーリンク

一山麻緒プロフィール

名前:一山 麻緒(いちやま まお)ICHIYAMA MAO

出身地:鹿児島県出身

出身校:出水中央高(鹿児島)

生年月日:1997年5月29日生まれ

身長/体重:158cm/43kg

所属:ワコール

2020年3月8日:名古屋ウイメンズマラソン優勝

タイム:2時間20分29分(日本歴代4位)

東京五輪女子マラソン最後の代表内定

東京オリンピック女子マラソン代表の残り1枠を決めるレースで、一山麻緒(22)が躍進!

条件となるタイム(2:21:46)を破る2時間20分29秒で優勝。

東京五輪女子マラソン代表の残り1枠の内定を決めた。

しかも、野口みずきが2003年に大阪国際女子マラソンで出した2時間21分18秒も破って、

日本選手の国内レース最高記録を更新してみせた。(日本歴代では4位の記録)

 勝負どころは29キロ地点で、(長山監督のGoサイン)ペースメーカーが離れる30キロ

地点で一山が動いた。

30キロ過ぎの給水をきっかけに先頭に飛び出した一山は、スピードを上げて、海外選手も振

り切り速報タイムで1キロ3分14秒のラップを重ねて、一度も後ろを振り向くこともなく独走

今回のウイメンズマラソンを優勝で締めくくった。

 レース後のインタビューに「今日みたいな日が来るのが夢だったので…夢みたいです」と

最後は22才の一山らしいインタビューだった。

とくダネ生インタビュー

Qちゃんに憧れてマラソンを始めたことを語る

まだまだあどけなさの残るインタビューが印象的ですね

小倉アナとの一問一答に答える一山選手に可愛らしい!という声が飛んでいた。

7月開催の東京オリンピックに向けたますます期待のモテる選手が誕生した!

一山麻緒競技歴・特徴

自己ベスト 2:24:33

実業団の強豪ワコールで走りを磨きトラックやハーフマラソンなどで実績を積む。

今年初マラソンで2時間24分33秒の好タイムを出しロンドンマラソンでMGCの出場権を獲得。

先頭集団から離れず終盤で勝負を仕掛ける「粘り」の走りが一山の持ち味で特徴だ。

まとめ

いかがですか? 知れば知るほど好感度がアップ!する選手ですね。

7月のオリンピックが無事開催されることを願うだけです。(新型ウイルスコロナの感染)

少なくとも選手の皆さんには、最善のコンデションでオリンピックに望んでいただくことを

願っています。

 

コメント