東京高検検事長黒川弘務辞任!後任に林真琴名古屋高検検事長が就任⁉︎

政治

こんにちは、もみじです。

今回は、急遽辞任に追い込まれた東京高検検事長黒川弘務辞任!後任にに林真琴名古屋高検検事長が就任⁉︎

と題して、黒川氏の今までの経歴や辞任に追い込まれた原因、そして黒川氏に支払われる退職金などについて

調べてみました。

また、後任に決まった林真琴氏についても調べていますので、早速みていきましょう。

スポンサーリンク

黒川弘務経歴

黒川弘務(くろかわ ひろむ)

1957年2月8日生まれで出身は東京都です。1981年に東京大学法学部卒業し、司法修習35期生になります。

1983年に検事任官し、東京地方検察庁検事、新潟地方検察庁、名古屋地方検察庁、青森地方検察庁等の地方検察  庁に勤務。のちに法務省に移動し司法制度改革で中枢的な役割を担うことになります。

2001年12月に法務省大臣官房司法法制部司法法制課長になり、2005年1月には刑事局総務課長

2006年7月に大臣官房秘書課長、2008年1月には大臣官房審議官となり2010年8月、松山地方検察庁検事正

2010年10月、法務省大臣官房付に移動、検察の在り方検討会議事務局を担当する。

2011年8月に大臣官房長となり、2016年9月5日には法務事務次官、そして2019年1月18日に東京高等検察庁検事長になるが。

2020年5月22日、賭け麻雀が発覚し東京高等検察庁検事長を辞任することになる。

スポンサーリンク

黒川弘務検事長辞任の理由は?

新型コロナウイルス感染症流行拡大に伴う緊急自体宣言が出されている期間中に、

東京都内に住む知人で、産経新聞記者の自宅を訪問し、産経新聞社の記者2人と朝日新聞社

の元検察担当記者の社員と、ともに賭け麻雀をしていた疑いがあると週刊文集が報じました。

この報道について朝日新聞社は、東京本社に勤務する50代の男性が黒川氏との麻雀に参加し

ていたことを認め、謝罪しました。

一方産経新聞も、社内調査で所属記者が数年前から複数回にわたり賭け麻雀をしたことを認

め、謝罪しました。

法務省は黒川氏に対する聞き取り調査を行い、黒川氏は賭け麻雀をしたことを認め、辞意を

示し、安倍晋三首相に辞表を出し閣議で黒川氏の検事長辞職が承認された。

黒川氏の処分は「訓告」となった。

黒川氏の退職金5900万円?

賭け麻雀が発覚して、辞職した黒川弘務前東京高検検事長の退職金が5900万円になるという。

これでも「自己都合退職」となるため定年退職の場合より約800万円減額されているようです。

安倍首相は、「訓告処分に従って減額されている」と納得の様子でしたが、森法務大臣は、

「訓告の場合は処分自体で支給額は影響を受けない」と説明されていましたね。

総理大臣と法務大臣の答弁に食い違いがありますが、どちらにしてもこれでいいのでしょうか?

ますます政治不信になる方が、増えるのではないでしょうか?

黒川氏の後任検事長に林真琴氏が就任

林真琴氏は1957年7月30日生まれ(62歳)、愛知県出身だそうです。

東大卒業後の1983年(黒川氏と同年)に任官され、刑事局総務課長や人事課長を歴任し

法務省刑事局長を経て名古屋高検検事長を勤めていたが、今回東京高等高検検事長に就任

することになり、林氏は30分の会見で「今回の件で損なわれた国民の信頼を取り戻すのが

新検事長の責務だ」と強調し、意欲を示されていました。

まとめ

今回は、賭けマージャンで辞任に追い込まれた黒川氏の経歴や、処分、退職金の金額の妥当

性など新検事長に就任が決まった林真琴氏の会見での意思表示などをまとめてみました。

いかがでしたでしょうか、まだまだ気になる国会ですが、今回はここまでになります最後

までご覧いただいてありがとうございました。

 

コメント