太陽光発電にオール電化という考えはもう古い?

再生可能エネルギー

太陽光発電とオール電化、太陽光発電とエネファーム、など他の設備と組み合わせることで何ができるのか、電力会社のオール電化とガス会社のエネファーム共に譲れない最新の技術力を調べて見ました。

スポンサーリンク

太陽光発電と他のシステムを組み合わせて、快適な暮らしを考える

太陽光発電と他のシステムと組み合わせれば、より快適なライフスタイルが可能になります。
例えば太陽光発電システムとエネファームやエコウィルなどのシステムとの組み合わせれば、創る電気の量を増やすことができます。余った電気を家庭用蓄電池に一旦保存して電気の創れない時間帯に利用。さらにオール電化との組み合わせにより、季節や時間帯によって電気料金が安くなる料金プランも活用でき、より快適な暮らしをサポートしてくれます。

オール電化の魅力

火を使わないIHクッキングヒーター

IHクッキングヒーターは、強火を必要とする料理でもスピーディに調理を楽しめます。また、炎が出ないので安全性も高く、夏場のむ〜とした感じも抑えることができると好評です。特にフラットトッププレートは、お掃除がとても簡単で見た目もとても衛生的です。

深夜の安い電気を活用!エコキュート

安い深夜料金の電力を活用し、大気中の熱を取り込んでお湯を沸かすヒートポンプ給湯器でとても経済的です。また、災害時にはタンクに貯めたお湯を有効活用することができます。

自宅で発電・使う・貯めるを両立

「自宅で使う電気を自宅で創る」マイホーム発電とオール電化の組み合わせで光熱費を半分以下にすることも可能です。
余った電気は電力会社に売ることもできますが、最近では家庭用蓄電池に保存し、発電しない夜に貯めた電気を使うという考え方も増えています。

「ソーラー発電モニタ」で、家族で楽しみながら節電。また、長時間停電になった場合でも、太陽光発電なら自立運転モードに切り替えることで昼間の晴天時には最大1.5kWまでの電気を使うことが可能です。

太陽光発電とガスでW発電

天然ガスで電気を創り廃熱でお湯を沸かす

天然ガスで電気を創る「エネファーム」と「エコウィル」に、太陽光発電を組み合わせてW発電で発電量アップ、賢く電気を使って電気代の削減に大きく貢献、また、ガスで発電してでた廃熱でお湯を沸かして一石二鳥の無駄のないエネルギー活用が家計を助けます。

2019年度以降の価格表(調達価格1kWh当たり)

  10kW以上
500kW未満
(全量買取)
10kW未満(余剰買取) 10kW未満(余剰買取)ダブル発電
出力制御対応機器
設置義務なし
出力制御対応機器
設置義務あり※4
出力制御対応機器
設置義務なし
出力制御対応機器
設置義務あり
2019年度 14円+税 24円 26円 24円 26円
調達期間 20年間 10年間
スポンサーリンク

まとめ

2019年以降の売電価格は大幅にダウンします。今までのように創った電気を電力会社に売って儲けるという時代はもう終わります。創った電気は賢く自家消費、「創って」「貯めて」「使う」という、ライフスタイルが注目されてくるのではないでしょうか。太陽光発電+〇〇、〇〇+△△、という組み合わせることでお互いのメリットをより引き出し、逆にデメリットをカバーし合えるようになり、環境に優しい温暖化対策にも大きく貢献しながら日々の暮らしを楽しむという考えにコミットしたいですね。

コメント