節分の本当の意味と由来!炒り豆を使うのは何故?

年中行事/イベント

2月に入って最初の行事として思い浮かぶのが「節分」ですよね。

ニュース番組でも、各地の豆まきの行事を取り上げています。幼稚園などでは

(先生扮する)鬼から逃げまくる子供達や、勇敢に豆をぶつける子供達の姿など

毎年のように流されます。

小さい頃からとても身近で見て、携わって来た豆まきですが、

正しいやり方や由来をきちんと知ってますか? と言われたら、自信を持って

「こういう事ですよ」と答えるにはは少し「?」マークがつく方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、節分の由来や豆まきの正しいやり方を調べてみる事にしました!

スポンサーリンク

節分の由来

そもそも、節分とは季節の節目である「立春、立夏、立秋、立冬の前日」の年4回あります。

ところが、旧暦では春から新しい年が始まることから、立春の前日の(2月3日)が、

大晦日に相当するとても大事な日となり、そこで、立春の前日の2月3日が重要視され、

節分といえばこの(2月3日)をさすようになりました。

昔は、季節の分かれ目時期、特に年の分かれ目時期には邪気が入りやすいとの考えがあり、

各地でさまざまな邪気祓い行事が行われていました。今では日本全国で行われている豆まきも、

新年を迎えるために大切な行事なんですね。

スポンサーリンク

豆まき

鬼は邪気や厄(やく)の象徴とされてきました、形の見えない災害や病、飢饉など、

人間の想像力をはるかに超えた恐ろしい出来事は鬼の仕業だとと捉えてきました。


その鬼を追い払う豆は、五穀(ごこく)の中でも穀霊が宿るのが大豆です。

豆が「魔滅」、豆を煎(い)ることで「魔の目を射る」ことに通じると言われ、

「煎り豆」を使うようになりました。これが「福豆」です。では、どのように豆を

まいたら良いのでしょうか。

 

豆は必ず炒り豆を使う

昔から、豆には穀物の霊が宿っているとされ、芽が出る直前の春の豆は生命力の

象徴ともいわれ、とても縁起が良いとされています。

一方で拾い忘れた豆は、芽を出すと良くないことが起こるといわれています。

一般に市販されている節分用の豆は炒り豆が販売されていますので問題ありません。

神棚にお供えする

炒った豆は枡に入れて、(ますます繁盛するために・・・)神棚にお供えするのが

基本ですが、神棚がない場合は南の方角に置きます。

豆まきは玄関から

豆をまくのは、家長の役目とされ、その年の干支の年男、年女も吉とされています。

「鬼は外」と三回言いながら外に向けて豆をまき、次は家の中に「服は内」と 

いいながらうちに向けて三回豆をまきます。鬼が入ってこないようすぐにドアを閉

めましょう。

玄関が終わったら、今度は各お部屋も同じように豆をまきますが、外にまくときは

窓や吐き出しの窓からで大丈夫だそうです。

最後に升に残っている豆を年の数だけ食べて終了です。

まいた豆は縁起がいいものなので次の日までは、掃除をしないでください。

食べる豆の数は、新しい年の厄祓いなので満年齢よりも1つ多く食べる、

いわゆる 数え年として1つ多く食べる、など地方によって様々ですが、全部食べき

れないという方には、梅干し、塩昆布、豆3粒を入れた「福茶」として飲むのはいかがでしょうか。

まとめ

節分の由来や豆まきには炒り豆を使うの意味だったり、

日本の昔から伝へられる風習や食べものには健康に良く、自然法則に則ったものばかりですが、

何気なく節分に豆をまいていた大豆もそのひとつなんですね。大豆の30%はタンパク質で、

ビタミンやイソフラボンもたっぷり、畑で取れる・・・?とよく言ったものですよね。

味噌や醤油など日本独自の食文化の基にもなっている大豆、節分という行事を通して

再発見できた感じです。

コメント