バレンタインチョコやお菓子に!こんな意味が込められているとは?

年中行事/イベント

バレンタインが近づくと何かとソワソワしませんか? 

また、バレンタインといえば「チョコレート」をイメージしますが、

最近ではクッキーやマカロン、パンケーキなど手作りのお菓子なども多いようです。

ところでバレンタインの贈る物によって、意味があるという話を聞いたことがありますが、

本当の意味はどうなのでしょうか?今回はその辺のことをチョコっと調べてみました。

スポンサーリンク

バレンタインのチョコにはこんな○○チョコが!

バレンタインデーといえば、本命チョコと義理チョコを思い浮かべますが? 

最近では、女性の友達同士で贈り合う「友チョコ」とか、男性から女性に贈る

「逆チョコ」とかがあるようです。

また、お父さんや男兄弟に贈る「ファミチョコ」と呼ぶものも、そして、

きわめつけは自分のために買うチョコのことを「マイチョコ」などと呼ぶようです。

一体「〇〇チョコ」と呼ぶ必要があるのでしょうか。

スポンサーリンク

バレンタインのお菓子に込められた意味

海外では、普段からお菓子を贈る習慣がありますが、

日本ではバレンタインにチョコレート以外に、お菓子を贈る習慣が出てきたようですが、

贈るお菓子によって意味が違うのでしょうか?

チョコレート

チョコレートには、本来「あなたの気持ちをそのまま返します」という意味が

あるそうです。

日本では女性から男性に愛の告白をするのにメッセージカードを添えて贈るというのが

一般的なのでチョコっと意味が違いますが、世界中でチョコレートを贈り合う習慣が

あるのはとても素敵なことですね。

そんな中こんな考えも、チョコレートには、ホワイトチョコもビターチョコも、

またミルクチョコや、いちごチョコもあります。つまり、たくさんの種類がありますので、

一説には「チョコレートには特別な意味はない」という考えをもつ方もあるようです。

「チョコレートは愛の告白」と考えているのは、どこか日本ならではの文化が、

風習がそうさせているのかもしれませんねが、とても大事にしたい習慣ではないでしょうか。

キャンディー

キャンディーには、「あなたが好き」という意味が込められているようです。

子供の頃おやつにキャンディーというイメージがありますが、実はキャンディーは

「舐め終わるまでに口の中に長く残るので、愛が続いたり、前向きな関係をイメー

ジさせたり」という甘酸っぱい恋心をイメージさせますね。

クッキー

クッキーに込められた意味は「友達」です。本命の彼に間違っても渡さないように

してください。「サクサクの食感が、ライトな友人関係をイメージしている」という

意味があるようです。

意外と、こうした洋菓子の意味を知らない方も多いのでは、

ジンクス的な意味合いが込められていますが、何気なく贈ったクッキーが二人の関係

に溝を作るかもしれません、気をつけてくださいね?

キャラメル

キャラメルには、「一緒にいると安心する」という意味が込められています。

付き合う前のカップルだったり、付き合ってからの幸せなカップルはもちろんですが、

お付き合いが長くなってしまったカップルに、次のステップに進むメッセージにさり

げなく贈るのもいいのではないでしょうか。

マカロン

カラフルでかわいいマカロンには、「あなたは特別な人」という直球勝負の意味が込

められています。マカロンは、高級感があって少々高価なところから、やはり「特別

な人にしか贈れない!」 といういうこともあって、マカロンにはこうした意味が込

められたのではないかと思われます。

マシュマロ

マシュマロに込められた意味は「あなたのことが嫌い」という衝撃的なメッセージです!

 日本のホワイトデーのお返しの定番のマシュマロに、こんなメッセージがあるとは、

ご存知でしたか?

マシュマロは「口の中に入れるとすぐ溶けてしまう」ことから、「消えて欲しいもの」

「嫌いなもの」」という発想から生まれたという噂ですが、この意味を知らない男子は

多いのではないでしょうか? たとえ噂レベルだったとしても、知らずに贈ったマシュ

マロが誰かを傷つけたのではないでしょうか? 気をつけてください。 

まとめ

バレンタインデーは、もともとは海外のイベントですが、

日本に伝わってからは独自の進化を遂げ、今ではなくてはならない一大イベントになっています。

贈るお菓子やチョコレートにこんな深い意味があるとは思っても見ませんでした。

年齢や間柄の隔たりを超えて、バレンタインを通して誰かを幸せにする、人として成長

するイベントであって欲しいと思います。

コメント