黒木華生い立ち「昭和の顔」から「文学的な香りが漂う女優」に・・・

芸能

こんにちは、もみじです。

今回は、黒木華さんの生い立ちから、プロフィール、エピソードなどに

ついて調べて見ました。子供の頃から演技をすることがとても好きだった

ようですね。早速見て生きましょう。

スポンサーリンク

黒木華プロフィール

名前:黒木華(くろき はる)

生年月日:1990年3月14日生まれ

出身地:大阪府高槻市出身

身長:164cm

血液型:B型

星座:おうし座

職業:女優

事務所:パパドゥ

スポンサーリンク

黒木華生い立ち

華さんは、幼い頃からお母さんに連れられ映画や芝居を見て育ったそうです。

また、兄弟やいとこらと一緒に地域の児童劇団に参加しては、演技を褒められるたびに演技

をすることが好きになっていったと言います。

高校は演劇の名門。追手門学院高等学校に進学して演芸部に入部。「演劇部のエース」と

して1年生の時から3年間主役を務めたようです。

卒業後は、女優を志して映画製作や演劇を学べる大学へ進学を希望し、自宅から通える京都

造形芸術大学芸術学部映画学科俳優コースに進学をすることに。そこで、林海象、東陽一ら

に師事して演技を学んだようだ。

学内製作のキャステイングの声はかからなかった黒木さんは、大学在学中の2009年12月に、

「野田秀樹演劇ワークショップin大阪」に参加。2010年にはオーデションに合格し、6月の

NODA・MAP公演『ザ・キャラクター』にアンサンブルとして初舞台を踏む、さらに同年9

月のNODA・MAP番外公演『表に出ろいっ!』で11,552人が応募した娘役のオーデションを

経て野田秀樹、中村勘三郎さんとの3人芝居でヒロインの娘役として舞台にたった。

2011年にはNODA・MAPの公演『南へ』、阿佐ヶ谷スパイダース公園『荒野に立つ』、蜷川

幸雄演出『あっ、荒野』などの舞台作品に出演するなど、演劇界の期待の新人として注目を

浴びることになる。

黒木華エピソード

黒木さんの名前は「華」とかいて「はる」と呼びます。

春のように華やかに生きてほしいという願いが込められているようです。

派手さのない昭和顔と言いますか、どちらかというと地味な顔立ちですね。

岩井俊二監督によると、黒木さんは「最も現代的」であり「平成の最先端の女優」であると

評しています。また、岩井氏はCM演出を手がけた時に黒木を「文学的な香りがする女優」

と話している。

黒木華性格について

中学生の頃まではかなりの引っ込み思案だったようですが、高校の時に演劇部に入って徐々に

改善されてきたようです。

今でも初対面の人の前ではおとなしいようですね。

黒木さんは恋愛面では自分から告白するようですよ。小学生の時に振られた子に高校までバレ

ンタインのチョコを渡し続けたという、積極的な女の子だったみたいです。

結構妄想する性格でもあり壁ドンにも憧れがあるようです。

まとめ

今回は、女優黒木華さんの生い立ち、プロフィール、エピソード、性格など

を調べて見ました。幼い頃からお母さんに連れられ劇場にいったり、お芝居

を見たりしていたのですね。そんな幼い頃の夢を叶えた黒木華さんは、今や

トップの女優さんとして注目を浴びています。確かな演技が評価されている

のでしょうね。ますます目が離せない女優さんの1人になりました。

今後の活躍から目が離せませんね。

今回は、ここまでになります最後まで読んでいただいてありがとうごさいました。

 

 

コメント