男性にも日傘?どうかしてるぜ!その理由と活用法を言ってみて⁉️

熱中症対策

日傘は、太陽からの光と熱を防ぎ、暑さをしのぐための日よけとしてはもちろん、熱中症対策としても注目されています。

一昔前までは、日傘は夏の日焼けを気にする女性が使用するものという印象がありましたが、近年の気候変動は

異常とも言える暑さです。男性にとっても日傘が必須アイテムとなりつつあります。

クールビズ”の一環としても男性にも「日傘」を提案します‼️

 

スポンサーリンク

男性向け「日傘」を使用するメリット

最近の夏の日差しは、楽しい季節の始まりだった頃を通り越して以上な暑さです。熱中症や紫外線による肌への

ダメージも相当だと思います。。そこで最近注目されている日傘を使用することで得られるメリットを具体的に

解説します。

日傘は熱中症予防に効果的

熱中症は、気温や湿度が高い環境に長時間いることで体温調節がうまく働かなくなる病気です。熱中症のなかで

も太陽の直射日光が原因で発症するものは日射病と呼びます。

直射日光を長時間浴び続けると大量の汗をかいてしまい脱水状態になります。

そこで、日傘を差すことで直射日光を遮ることができ、日射病を予防することが可能になります。また、遮光熱

も抑えることができ、体感温度を下げることもできるため、熱中症の予防にもなります。

環境省の調査では、日傘の使用により、体感温度を約 3〜7 度低下させ、汗の量が約 17%減少できるとされてい

ます。

日傘は日焼けと紫外線からの肌を守る

日傘で得られるメリットには、紫外線から肌を守るということです。紫外線を長時間浴びると、日焼け・シミ・

シワなどの肌トラブルの原因を引き起こします。

紫外線カット率(遮光率)の高い日傘を使用することで、これらのリスクを大きく減少させることができます。

近頃は、美容に対する意識は男女問わず非常に高まりつつあります。さまざまな肌トラブルの原因とも言える紫

外線対策の一つに、日傘は最適なアイテムといえます。

 

スポンサーリンク

男性が日常生活で「日傘」を上手に活用するには

日常で日傘を効果的に活用するための方法を 紹介します。

日差しの強い日には紫外線が

日差しが特に強い 10 時〜14 時の時間帯は、紫外線が最も強くなります。この時間帯は日傘

を積極的に使用し、日陰を作ることで肌に浴びる紫外線量を減らすことができます。特に

紫外線遮蔽率・UVカット率の高い日傘を選ぶとより効果が期待できます。

この時間帯は日差しとともに気温も高くなるため、日傘で体感気温を下げると快適に過ごす

ことができます。

体に近づけて使用すると、直射日光だけでなく、照り返す光にも効果があります。さらに、

紫外線だけでなく、日傘の生地が可視光線(目に見える光)遮光率99%以上のものは「遮光傘」と表示されており

眩しさを防いでくれるのでより快適に過ごせます。

雨の日にも使える晴雨兼用日傘は撥水加工

晴雨兼用の日傘は、撥水加工が施されていますので、急な雨にも対応可能です。

ただし、一般的な晴雨兼用日傘のはっ水効果や耐水度は、通常の雨傘と比べて劣りますので、長い時間強い雨に

対応するのは適していません。

しかし、最近の晴雨兼用日傘には通常の雨傘以上、あるいはそれを超える優れたはっ水や耐水度を持つ日傘も存在

しています。

晴雨兼用の日傘は急な天候の変化にも対応できることから、最近では男女問わず晴雨兼用日傘が人気のアイテム

として注目を集めています。

コンパクトな日傘の利便性

軽量で折りたためるタイプの日傘はバッグに収納しても場所を撮りません。

常時持ち歩くことができますので急な雨でも安心です! 便利なワンタッチオープンタイプは荷物が多い時でも

簡単に日傘をさせます。また、男性にも握りやすい持ち手など、コンパクトの中にも使いやすさにこだわった工夫

がされている。中にはポケットに収まるぐらいコンパクトな日傘も販売されています!

日傘とのコーディネートも違和感なし

最近の日傘は、シンプルでコンパクトでユニセックスなデザインが豊富に揃っています。

さまざまなシーンやファッションにもマッチするデザインは女性の日傘にも負けず劣らずの日傘となっています。

シンプルな白や黒の日傘は、ビジネススタイルにも最適です。また、カジュアルなスタイルには、色や柄が入った

日傘を合わせることで新しい「日傘男子」の習慣になっていく予感がします。

まとめ

最近の日傘は女性だけのものではありません。男性であっても、熱中症・日射病対策・紫外線対策に効果的です。

ファッションアイテムとしても注目を集めています。なかには、自治体が主導して日傘の使用を推奨している地域

もあります。

日傘は暑さ、直射日光、紫外線対策の新たなアイテムとして、また、快適な日常を過ごすために習慣化されていく

のではないでしょうか!・・・ぜひ一度、日傘を試してみてください。考えが変わります!

今回は、ここまでになります。最後までお付き合いいただきありがとうございました。

コメント