熱中症対策に日傘を差しましょう!汗を17%減少!「日傘男子」も増加中

熱中症対策

夏季の”熱中症対策に日傘をさしましょう!汗を17%減少!「日傘男子」も増加中です!一口に日傘といっても、種類や機能はさまざまです。
アウトドアを楽しむために使ったり、通勤通学時に差す日傘は日差しから体を守り、熱中症対策や日焼け防止ができ、使うことでさまざまなメリットがあります。最近の異常気象や地球温暖化によって想像もつかない夏日があっちこっちにみられます。「自分の身は自分で守る必要があります!」カッコ悪いなんて言ってられないないよ!

スポンサーリンク

体を日差しから守り、汗を17%減少!

「日傘」はかつて、肌を焼きたくない女性が使う高級感のあるアイテムとしてのイメージが強かったですが、今ではそのイメージが変わりつつあります。気候変動の影響で暑さが増し、熱中症対策が重要視される現代において、日傘の利用が広がっています。夏になると、日傘を差している人が増えているのを見かけることが多くなりました。

日傘は実際に、国や地方自治体によって熱中症予防策として推奨されています。環境省は、暑さ指数の低減を目的として、特に夏季に日傘の使用を推進しています。調査によれば、日傘を使用することで体感温度や熱ストレスが軽減され、汗の量が17%減少することがわかっています。また、埼玉県のような熱中症患者が多い地域でも、日傘の利用が広く推奨されています。県の公式SNSでは、日傘の効果や利用促進の情報が発信されています。

スポンサーリンク

日傘を使う男性、「日傘男子」も増加中

近年、「日傘男子」という言葉が登場し、日傘を使う男性も見かけるようになりましたが、その割合はまだ低いです。男性の使用率は約5%で、女性の約60%と比較するとかなり少ないです。男性の使用が増えることで、熱中症の患者数がさらに減少する可能性があります。さらに、コロナ禍においては日傘がソーシャルディスタンスの確保にも役立つため、今後の普及が期待されています。

日傘を使ったことがなかった人も、一度試してみるとその効果に驚き、利用を続けるようになるケースが増えています。今年の夏、新たな試みとして日傘を取り入れてみてはいかがでしょうか。

日傘を選ぶ際のポイント

日傘を選ぶ際に考慮すべき点は、以下の8つです。まず、日傘の種類(長傘か折りたたみか)を確認しましょう。次に、UVカット効果遮光率遮熱効果をチェックします。さらに、日傘のコーティング加工、開閉機能、サイズ重さ、デザインも重要です。また、撥水性と耐風性があるかも確認してください。

日傘の手入れ方法

コーティング加工の日傘は、強くこするのは避けましょう。汚れが気になる場合は、水で固く絞った布で拭き、陰干ししてください。UVカット加工のみの日傘は、ぬるま湯に中性洗剤を薄めてスポンジに染み込ませ、優しく拭いてから洗剤をしっかり流し、陰干ししてください。

まとめ

今回は、熱中症対策に日傘を活用することで、さまざまなメリットがあることを解説してきました。今年の夏を少しでも快適に過ごしていただくために、参考にしていただければ嬉しいです。今回も最後までお付き合いいただきましてありがろう5歳ました。「今回はここまでになります」

 

コメント