梅雨の季節も快適に過ごせるファッションをご紹介

梅雨のファッション
梅雨の季節も快適に過ごせるファッションをご紹介します!

梅雨の季節がやってくると、雨の日が続きますが、快適に過ごせるおしゃれなファッションを楽しみたいですよね。今回は、撥水加工や速乾性のあるアイテムが多数登場している中で、通勤にも休日にも役立つスタイルを紹介します。ぜひ、雨の日のおしゃれの参考にしてください!

スポンサーリンク

梅雨について

梅雨の時期はいつ?

梅雨前線の活動は5月から7月にかけてです。この期間、日本各地に長期間雨をもたらします。特に5月から7月の間に活発になり、南から北へと移動します。東北地方に梅雨が到達する頃には、九州や沖縄では梅雨明けが始まることが多いです。

梅雨入りの基準

毎年6月になると、梅雨前線の影響で曇りや雨の日が増えます。梅雨の中休みと呼ばれる期間があり、その後、6月後半から7月中旬にかけて順次梅雨明けとなります。

スポンサーリンク

雨の日もおしゃれに!大人のためのファッションポイント

雨対策をしながら、きちんと感も保ちたいという方におすすめのポイントをご紹介します。ポイントを押さえたコーディネートで、雨の日も楽しく過ごしましょう。

ポイント

  • 撥水加工のアウター:雨の日には必須です。
  • 撥水加工の靴や小物:雨対策に役立ちます。
  • 涼やかな素材の服:リネンなど、サラッとした素材を選びましょう。

おすすめの梅雨コーディネート3選

スタイル1:撥水トレンチコート×カラーパンツ

撥水加工が施されたトレンチコートは一枚あると安心です。ボタンをすべて閉めずにウエストリボンで結ぶと軽やかに見えます。ピンクのカラーパンツを合わせて、足元には防水加工のレインパンプスを履けば、きれいめ通勤スタイルが完成します。

スタイル2:ジャケット×ミディアムタイトスカート

雨の日にはIラインを意識したスタイルがおすすめです。タイトなシルエットのスカートを選び、濡れてもサッと拭けるPVCバッグや撥水加工のフラットシューズを合わせれば、こなれた通勤スタイルが楽しめます。

スタイル3:リラックスモノトーン

撥水加工を施したリップストップ素材のアイテムや、ゴアテックスロゴのデザインがアクセント。ゆるりとしたタンクワンピにナイロンジャケットを合わせた、頑張りすぎないスポーティなスタイルが大人っぽさを演出します。

梅雨におすすめのカジュアルコーデ

  1. グリーンジャケット×白カットソー×ベージュスカート
    • 撥水加工のジャケットは軽くて収納しやすく、通勤バッグに入れても邪魔になりません。
  2. ロングブラウス×ミントカラーのパンツ×撥水スニーカー
    • ゴアテックス素材のスニーカーと、きちんと感のあるロングブラウスを組み合わせて通勤スタイルに。
  3. マウンテンパーカ×白ブラウス×黒パンツ
    • 水や汚れに強いマウンテンパーカと、細身のパンツでカジュアルな雨の日スタイルを。
  4. ベージュジレ×白Tシャツ×黒パンツ×レインブーツ
    • ゆるめのパンツシルエットに、はっ水加工のパンツを合わせてリラックス感を。
  5. ブラウンブラウス×タンクトップ×黒スカート×レインブーツ
    • はっ水スカートとレインブーツで、水はねをガードしつつデザイン性も楽しむ。
  6. 白パーカ×カーキハーフパンツ
    • 撥水加工のパーカをコンパクトに畳んで持ち運び、急な天気の変化にも対応。
  7. ベージュジャケット×白カットソー×ベージュスカート
    • 軽量のウィンドブレーカーときれいめボトムの組み合わせで、雨の日も安心。
  8. 白コート×白ブラウス×ミントパンツ
    • 撥水・速乾機能付きパンツで梅雨や真夏も快適に。
  9. 白カーディガン×白Tシャツ×ベージュパンツ
    • 白からベージュの配色で統一し、洗濯機で洗える素材のパンツを選ぶ。

まとめ

梅雨の季節でも、おしゃれと機能性を兼ね備えたファッションを楽しみましょう。撥水加工や速乾性のあるアイテムを活用して、雨の日も快適に過ごせるコーディネートをぜひ参考にしてみてください。

今回は、ここまでになります、最後までお付き合いいただきましてありがとうございました。

コメント