シンガーソングライターaikoは人気DJだった!おすすめベスト3

芸能

今日は、もみじです。

今回は、シガーソングライターの”aiko”さんが、女性に絶大なる支持を得ている理由?

をいろんな角度から調べてもました。

スポンサーリンク

aikoさんらしいって何?

aikoさんの出身地は大阪です。

1975年11月22日生まれの蠍座。現在45歳ですが若く見えますね!

血液型はAB型です。

趣味は、入浴・寝る・犬とAIKOさんらしい感じ。好きな服は古着が好きだそうです。

これまたAIKOさんらしいですよね。いつでも自然体で音楽に自分の感情・想い・愛情

を注ぎ込むのがアーティストAIKO。その歌詞は特に女性を中心に共感を得ている。

しかし男性が聞いても、見事にやられちゃいます💙。

そして抜群のメロディーはAIKO節とでも呼びたくなる💚

1度聴くと忘れません💔まさに初恋の思い出のように💛

スポンサーリンク

aikoは人気DJだった?

子供の頃から歌手を目指していたというsikoさんは、高校生になって初めてピアノを習いはじめたという。

作詞・作曲をしながらバンド活動に夢中になっていったaikoさんは、19歳の時にヤマハ音楽振興会が主催

する「ティーンズミュージックフェスティバル」に出場。

aikoさん作詞・作曲のオリジナル曲『アイツをふりむかせる方法』が見事グランプリに輝いた。aikoさん

はこのコンテストのグランプリをきっかけに、FM大阪のプロデューサーに声をかけられ、短大卒業後に

ラジオの音楽番組のパーソナリティーに抜擢された。デビュー前で無名のaikoさんですが、飾らない自

然体の語り口がリスナーさんにうけたらしく、いくつかの番組を掛け持ちするほどの人気DJになった

そうです。

aiko人気ランキングベスト3

ベスト3『花火』

1999年8月4日にリリースされたaikoさんの3枚目のシングル曲です。

この曲で一気に注目を集め、初のオリコントップ10入りを果たしました。

繊細な感情を綴った歌詞とは裏腹な、明るくポップな曲調が印象的です。

今では夏の定番曲としてカバーする歌手も少なくない。

ベスト2『カブトムシ』

1999年11月17日にリリースされたaikoの4枚目のシングル曲です。

女性の弱さを隠し、相手の前で強がってしまう模様を、カブトムシに例えた歌詞。

aikoさんの美声と歌唱力が一層際立つ、誰もが聞き入るバラードに仕上がっています。

「あたし」が「かぶとむし」だとすると、「あなた」は「甘い匂い」をだす・・・・。

つまり、「甘い匂い」を追いかけるカブトムシを”女性”が男性を追いかける関係をカブトムシに

例えている。片想い、恋人関係、あるいは秘密の関係かもしれませんが、どこか女性の強い思い

が感じが伝わってきます。

そもそもカブトムシは夏に成虫となる昆虫で、1年しか生きれませんが、歌詞の季節はなぜか冬に

設定されています。これがaiko流ともいうのでしょうか?

自分を季節ハズレのカブトムシに例えることで、追い詰められて季節に置いてけぼりに、なりそう

な弱った心情を上手に表さています。

ベスト1『ボーイフレンド』

2000年9月20日にリリースされたaikoの6枚目のシングルです。

初のオリコン1位を獲得した最大のヒット曲となり、紅白歌合戦の出場も果たした。

紅白での「衣装の露出度が高い」と大変話題にもなった。

カラオケでも大変盛り上がる一曲です。可愛らしい女性の気持ちを明るくテンポよく歌っている様子

伝わってきます。

幸せオーラ全開の主人公の気持ちが上手に表現されていますね。

「テトラポット」の頂点にいるかのように例えられており、時間の流れを忘れさせてくれるぐらい

の、素敵なボーイフレンドだったのかな?

まとめ

今回は、シンガーソングライターaikoさんの、幼少期からデビューまでの経緯やaikoらしさとは?

また、aikoさんの代表的なヒット曲を選んで見ました。女性から絶大の支持を得ているaikoさん

ならではの音楽が見えてきた感じです!

皆さんはどう感じられていますか?

今回はここまでになります、最後までご覧いただいて有難うございます。

コメント