「M 愛すべき人がいて」アユ役の安斉かれんドラマ初出演で初主演!

芸能

こんにちは、もみじです。

今回は、「M 愛すべき人がいて」で浜崎あゆみ役でドラマ初出演、初主演の安斉かれんさんについてです。

彼女のデビュー作だったり、代表作品などを調べています。

今回ドラマ初出演で、初主演に抜擢された時の感想なども調べています、安斉かれんの隠れた才能が

新しい時代をリードしてくれるような予感がします。

まずは、彼女の実績から見ていきましょう。

スポンサーリンク

安斉かれんのデビュー作と代表作品

安斉かれん(あんざい かれん)

2019年にデビュー

デビュー作は:「世界の全て敵に感じて孤独さえ愛じていた」(2019年)

代表作品は:「人生は戦場だ」(2019年)「 世界の全て敵に感じて孤独さえ愛していた」(2019年)

「誰かの来世の夢でもいい」(2019年)

ドラマ初主演:『M 愛すべき人がいて』(2020年)

スポンサーリンク

マサの秘書役田中みな実について

田中みな実さんはすごく優しいです。

カメラが回っていないところでは、私のモノマネをしたりして場を和ませてくれています。

また、「撮影、頑張ろうね」と書いた手紙をくださることもあります。

一方で「カメラが回ると姫野礼香になって迫力ある芝居を見せてくれたり、オンとオフの

切り替えが凄い?とても勉強になります。

安斉かれんアユ役を抜擢されて!

「放送がスタートした瞬間のことは忘れられないですね」

自身に寄せられるコメントはほとんど目を通しました。

特に多かったコメントは、「登場人物のキャラが濃い!」と言う感想ですね(笑)!

アユを演じる上で意識したのは「リアルと虚像の中間」と言うことを意識しました。

役作りの過程で、浜崎あゆみさんの楽曲とかMVを聞いたり、見たりしましたが、、

一番心がけたことは、「ドラマの中のアユを演じる」と言うことに終始徹しました。

『M 愛すべき人がいて』最終回を迎えて

最終回ではスターの座に上り詰めたアユをスキャンダルが、マサを追い出そうとする社長の大浜

(高嶋政伸)が行く手を阻む、そしてますます暴走する礼香(田中みな実)2人の策略の渦に飲み

込まれてしまうのか?そんな中天馬まゆみ(水野美紀)が二人の前に再登場!久しぶりに天馬節が

炸裂する・・・7月4日(土曜日午後11時15分)TVの前でお会いしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

浜崎あゆみ役で、歌手の安斉かれんさんが、ドラマ初出演で初主演するなど、

個性の強い俳優さんに囲まれて、プレッシャーも凄かったと思いますが、アユ

ファンとしては納得の演技だったのではないでしょうか?

今回は、ここまでになります、最後まで読んでいただいてありが等ございました。

 

コメント