イケメン力士炎鵬【西武・そごう】のCMに登場!四股名「炎鵬」誕生秘話!

スポーツ

今日は、もみじです。

今回は、イケメン力士で女性ファンも多い炎鵬関が【西武・そごう】のCMに登場!

とてもインパクトのあるCMだったので、調べてみました。炎鵬ならではのCMだと思います。

皆さんは、このCMを通して何を感じるでしょうか?”わたしは、私”自分の信じる道を歩むってことでしょうか?

まずは、CM動画からみていきましょう。

スポンサーリンク

炎鵬CM【西武・そごう】わたしは、私。編

今こそ、自分を貫く!

大逆転は起こり得る!

わたしは、私・・・!

スポンサーリンク

炎鵬晃プロフィール

四股名:炎鵬晃(えんほう あきら)

本名:中村友哉(なかむら ゆうや)

生年月日:1994年10月18日

出身地:石川県金沢市

身長:169cm

体重:96kg

血液型:AB型

所属部屋:宮城野部屋

好きな色:緑色

目標力士:兄弟子の石浦

好きなスイーツ:クレープ・プリン

食べれないもの:辛いもの(辛口のカレー)

もらって嬉しいもの:高級な洗顔

四股名「炎鵬」の誕生秘話!

相撲を始めたのは5歳の時で兄の影響による。

「最初はかっこ悪いと思っていた」「人前でなんでケツを出さなきゃいけないんだ」と

まわし姿に抵抗があったようだ。

ある日、大きな体の友達と相撲をとって小さな体で勝ったことが自信となり相撲にのめり込ん

で行ったようです。

小学生時代に舞の海さんの相撲を見て「大きな相手に巧みな技で勝利する姿を見て、自分も

いつかあんな相撲を取りたい」と思ったという。

金沢市立大徳小学校2年から6年まで水球のキーパーをやっていたという。中学時代は厳しい

稽古と雑用をこなし、食事も”ちゃんこ”3杯、”ご飯”3杯を食べさせられ体を作ったという。

高校3年の時に全日本相撲選手権大会の軽量級で優勝した。

同じく3年生の時に高等学校相撲金沢大会で個人3位に輝いた。

その後、金沢学院大学人間健康学部に進学。1年の時に西日本学生相撲新人選手権大会で優勝、

そのことがきっかけに、2年生、3年生の時に全日本相撲選手権大会の軽量級を2連覇するなど

10個のタイトルを獲得した。

大学卒業後は横綱・白鵬の内弟子として、宮城野部屋へ入門した。入門の決め手は白鵬からの

「相撲は、今しかできないぞ・・・」「人生かけてみろ」という言葉だったという。

四股名の”炎鵬”は「炎のような相撲を取れ」と横綱白鵬が命名した。

好きな女性のタイプ

▪️目覚が良く機嫌がいい人

▪️歳を取ってもキレイに気を配ってる人。

▪️しっかりした女性(年上の女性?)

▪️蒼井優さんのような女性。

炎鵬が憧れた個室部屋とは?

炎鵬が憧れた個室部屋をのぞいて見た。2.5畳のスペースに敷きっぱなしの布団?

家具といえば衣装ケース一つに小さなテーブルが一つ、そして家電といえば、小さな冷蔵庫が置いて

あってといった、至ってシンプルな個室だった。(チョット予想外?)

炎鵬が宮城野部屋に入門して憧れた個室部屋だ?この個室部屋に入るのを目標に頑張ったんですね!

通常力士に個室が与えられるのは関取と呼ばれる十両以上とされていますので、それまでは大部屋で

集団生活なんで気持ちはわかりますね。

個室部屋に入るために、まず頑張るって応援したくなりますよね!

現在、炎鵬は関取ですので個室部屋に入っています。

まとめ

今回は、イケメン力士炎鵬関についてご案内してきました。

角界のナンバーワンの人気力士といっても過言ではありません!

相撲界のイメージも炎鵬によってかなり変わってきました。

今後の活躍に期待が集まりますが、炎鵬らしい相撲を取ってくれるのが一番です。

同郷のイケメン力士として、今後も応援し続けたいと思います。

今回は、ここまでになります、最後までご覧いただいてありがとうございました。

コメント