大関朝乃山誕生!米大統領ドナルド・トランプからのメッセージを明かす⁉️

スポーツ

今日は、もみじです。

今回は、大関朝乃山についてご案内したいと思います。

日本の国技でありながら、日本人の横綱がいないという相撲界です。

現時点では横綱に一番近い力士としてっ注目を集めています。

大関朝乃山とはどんな人物なんでしょうか?朝乃山のプロフィールから

みていきましょう。

スポンサーリンク

朝乃山英樹プロフィール

名前:朝乃山英樹(あさのやま ひでき)

本名:石橋広暉(いしばし ひろき)

生年月日:平成6年3月1日

出身地:富山県富山市

身長:188cm

体重:177kg

所属部屋:高砂部屋

初土俵:平成28年3月(春場所)

新入幕:平成29年9月場所

*富山県出身力士では横綱太刀山以来111年ぶりとなる。

スポンサーリンク

大関朝乃山誕生まで!

令和2年5月10日夏場所初日

日本相撲協会は番付編成会議および理事会を開き、関脇朝乃山の大関昇進を決めた。

大関に推挙された朝乃山は「相撲を愛し、力士として正義を全うし、一生懸命努力します」と口上を述べた。

直近3場所の勝ち星は32で目安の星に一つ届かなかったが、将来性を評価されて大関に推挙された。

富山商高から近畿大を経て、2016年春場所三段目付け出しで初土俵を踏み、平幕だった昨年夏場所で初優勝

を果たし、同年九州場所から3役で3場所連続2桁勝ち星をあげ、大関の

座をつかんだ。

自分に回ってきたワンチャンスをものにした朝乃山ですが、テレビでズ〜っとみていて初優勝から大関昇進

に到るまでに、やはり何か持ってるなぁ〜と感じた場面がいくつもあった。例えば、優勝した場所では横綱

が休場していたり、物入りがついた場面でも白星を拾ったりと、相撲で負けても勝負に勝つといったことも

何度か見かけた記憶がある。つまり全てを味方につけての大関昇進と言えるのではないか。

朝乃山優勝でトランプ大統領から言われた言葉

令和に変わって最初の場所となった大相撲夏場所。注目の令和初の優勝力士に、前頭8枚目で平幕

の朝乃山が賜杯を手にすることとなった。

今場所から新設された「米国大統領杯」を最初に受け取る栄誉に授かる力士は誰か?とこちらも話題

題を呼んでいたのだが”朝乃山”に決まりました。

千秋楽を観戦したドナルド・トランプ米大統領から、重さ約30キロのカップを直接手渡された、朝乃

山は。トランプ大統領から声をかけられカップを手にしましたが、なんと声をかけたのでしょうか?

大統領から言われた言葉は「おめでとう、かな・・・」舞い上がっていてよく覚えていないという。

英語か日本語かも覚えてないんですと振り返った。

どちらにしても今回の優勝は朝乃山にとって、令和初の優勝力士ということや、米大統領杯初のカップ

授与力士だったりと、いろんな意味で、記憶に残る優勝になったに違いありません。

まとめ

今回は、大関朝乃山についてご案内してきました。

現時点で横綱に一番近い力士として期待朝れる朝乃山。

秋場所で初日から3連敗と心配されましたが、中日8日目で5勝3敗となんとか優勝ラインに

踏みとどまっています。両横綱が球場の秋場所に置いて、両大関が土俵を牽引する形で場所も

8日目が過ぎました。今場所を制するのははたして誰なのか?面白くなってきました。

今回はここまでになりますが、最後までお付き合いいただいてありがとうございました。

コメント