シミの原因!種類!なぜできるの?対象法はどうするの

未分類

ほとんど紫外線が原因でシミができると言われています。

特に長年紫外線を浴びている肌はダメージを受けます。

皮膚細胞の再生能力を低下させて、メラニンを外に排出する力が弱まり、

シミができる大きな原因となるのです。

そこで今回はシミの種類・症状・原因・対処法について詳しく調べましたのでご案内します。

スポンサーリンク

シミの種類は4つ

日光黒子(にっこうこくし )

多くのシミがこの白光黒子にあたります。老人性色素斑とも呼ばれ、

淡褐色や濃褐色の色素斑で、顔以外にも手の甲や肩、

前腕などの露出が多く紫外線を多く浴びた箇所にみられます。

特に中年以降にこの白光黒子がみらるようになります。

雀卵班(じゃくらんはん)

いわゆる”ソバカス”のことです。直径数ミリ以下の丸い斑点のようなもので、

茶褐色の小さな斑点で、頬や鼻の周りなどに多くみかけます。

遺伝性が強いと言われ家族の中にもソバカスの多い方も、中には3歳ごろから

出始めることもありますが、やはり思春期ごろに特に目立つようになります。

炎症後色素沈着(えんしょうごしきそちんちゃく)

年齢や性別に関係なく、肌の炎症が治った後に生じる褐色のシミのことです。

化粧品かぶれ、やけど、ニキビなどの炎症を起こしたことがあれば要注意です。

ただし時間とともに徐々に薄くなっていくようです。

肝班(かんぱん)

30〜40歳の女性の顔に多く生じやすいシミです。

妊娠・経口避妊薬などによる誘発、女性ホルモンが関連して発症するといわれます。

紫外線によって悪化することも、特徴的なのは頬骨に沿って左右対称に薄い褐色で

やや大きめのシミです。高齢者ではほとんど見られません。

スポンサーリンク

シミを放置しておくと起こること

シミを長年放置しておくことで起こる症状には、

顔や首回りなどの皮膚が隆起したり、突起状になったりするイボなどがあります。

また「脂漏性角化症」という老人性のイボに進展することもあります。

長年紫外線を浴び続けて光老化がすすむと、薄紅色、褐色をした斑状のもので

「日光角化症」になることも、表面はザラザラしているのが特徴で皮膚がんの一つ

とも言われています。高齢者に多くみられる症状です。

ターンオーバーのサイクルが乱れるとシミに?

 
シミの原因はさまざまですが、メラニンが過剰に作られることで、
ターンオーバーのサイクル(新陳代謝)が乱れることで、
本来はがれ落ちるメラニンが、そのまま滞って色素沈着し「シミ」に
なってしまいます。
長年紫外線を浴び続けた肌は何らかのダメージを受け(光老化)、
皮膚細胞の再生能力が低下するとメラニンを外に排泄する力が弱くなり
シミの原因になります。
また、タバコやストレスも老化をうながす原因の一つです、
活性酵素を増やし、この活性酵素がメラノサイトを刺激してメラニンの
過剰産生を起こしやすくします。
つまり、不規則な生活や過労などで血行が悪くなっても、メラニンの排出を
遅らせることに繋がります。
 

まとめ

通常は、皮膚の細胞は、「ターンオーバー(新陳代謝)」を繰り返して

新しい細胞に生まれ変わります。

基底層にある細胞が分裂して皮膚表面に押し上げられ、最後は表面から

はがれていきます。また、紫外線を浴びて作られたメラニンも、

ほぼ28日サイクルで役割を終え、古い細胞とともにはがれ落ちていきます。

ただし普段から紫外線を必要以上に浴びる環境だったり、

長年紫外線を浴び続けた肌は何らかのダメージを受けていますので、

シミに繋がっているということも理解できました。

「たかがシミ、されどシミ」やはり普段から、こまめに肌のお手入れを絶やさない

ことがが一番大切な対策のようです。

 

コメント