手塚理美の近況情報&『髪型』ベリーショートヘアーが素敵だと人気!

芸能

今回は、芸能生活50周年を迎えた女優の手塚理美さん、自然とも言えるグレイヘアーを楽しむ

手塚さんですが、1975年に撮影で訪れたパリでオニオングラタンスープと出会いが、料理に目覚めた

きっかけになったそうです。

長い芸能生活を健康で過ごせてきたのも、食へのこだわりがあったからこそかもしれません。

最新の情報を交えなっがら、手塚理美さんの魅力に迫って見たいと思います。

 

スポンサーリンク

手塚理美プロフィール

 

名前:手塚理美(てづか さとみ)

生年月日:1961年6月7日

出身地:東京都大田区

身長:161cm

血液型:AB型

趣味:散歩、写真

特技:料理

所属事務所:ヴィレッジエンターテイメントを経て吉本興業

手塚理美芸能界入りしたきっかけ?

 

小学生の頃からジュニアモデルとして活動。

芸能界入りのきっかけは、中学入学前に不二家のチョコレートのCMが、

ユニチカのスタッフの目にとまり、中学1年生のときに同社(ユニチカ)の

2代目マスコットガールに選ばれ、芸能界に本格デビューを果たす。

当時は(手塚さとみ)を名義していた。

 

東京都立赤坂高等学校卒業後、映画『正午より』1978年出演や雑誌のグラビアモデル等、

様々な分野で活躍し注目を集めた。

また、歌手としてもシングル2枚、アルバム1枚をリリースしています。

手塚理美アイドルから女優へシフトしたきっかけ

 

世間をアッと驚かした!出来事だったように記憶しています!

1981年ヌード写真集『少女だった』を発表(当時20歳)し、アイドルから女優へシフト。

清純派女優のイメージが強かったのでショックを受けたファンも多かったように思います。

 

1982年NHK朝の連続テレビ小説『ハイカラさん』で、ヒロインを務め、芸名を本名の”手塚

理美”に変更。

以後『ふぞろいの林檎たち』や『ア・ホーマンス』、『茶の味』などの映画で活躍。

スポンサーリンク

手塚理美結婚と離婚

 

手塚理美さんは1990年、俳優の真田広之さんと結婚。2人の男児を出産され幸せそうに見えた

結婚生活だったが、真田広之の不倫報道を機に1997年7年間の結婚生活にピリウドを打った。

結婚当初は、お似合いのご夫婦として、憧れてたカップル達も多かったので、とても残念な離

婚劇でした。個人的にもショックな出来事でした。

その後はシングルマザーとして2人の息子さんを育て、2人の息子さんが独立した2016年頃か

ら再び女優業を積極的に取り組んでいます。

 

手塚理美髪型

 

最近の手塚理美さんのヘアースタイルは、グレイヘアーのショートカットがトレンドヘアー

になっています。

見た感じもすごく清潔感があって、ナチュラルで手入れが簡単、なおかつおしゃれ感がいいですね!

手塚理美さんのグレイヘアーが人気を集め、中年層の方からの指示も多く、真似をするマダムも多く

おしゃれなグレイヘアーとして紹介されています。

手塚理美最新放送情報

 

『余命1ヶ月の花嫁』

出演:榮倉奈々 瑛太 手塚理美 安田美沙子 大杉漣 津田寛治 柄本明 田口トモロヲ

詳細:末期の乳がんに侵されてしまい、21歳の若さでこの世を去った女性の愛に満ちあふれた

生涯をつづる感動ストーリーです。

イベントコンパニオンをしている千恵(榮倉奈々)は、2005年の秋、左胸に違和感を感じ

検査の結果、乳がんの診断を受ける。

同時期に、仕事先で出会った太郎(永山瑛太)から交際を申し込まれ、結果交際をスタート

させることを決断する。

 

手塚理美オニオングラタンスープとの出会い!

芸能生活50周年を迎えた手塚理美さん。もともと食が細かったそうですが、

ある時、撮影で訪れたパリでオニオングラタンスープと出会い、料理に目覚めます。

 

1975年に繊維メーカー、ユニチカのマスコットガールに抜擢され、初仕事がフランス

でのカレンダー撮影だった。

夢だったベルサイユ宮殿とともに、オニオングラタンスープとの出会いが、いまでも鮮烈な

思い出とり、食への関心に目覚め、今の手塚理美を表現しているのでしょう。

まとめ

今回は、芸能生活50周年を迎えられた手塚理美さんの最新情報や

芸能界に入ったきっかけ、思い出などをご案内してきますた。

いつも自然体の手塚理美さん、今後の芸能活動にますます期待をしてしまいます。

今回はここまでになります。最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 

コメント