日本三大祭り『天神祭』奉納花火情報・打ち上げ場所や穴場スポットを解説!

年中行事/イベント

今年も暑い夏がやってきました!暑い夏といえば、大阪天神祭が有名ですよね!【2024年】日本三大祭

「 天神祭」奉納花火の打ち上げ場所や穴場スポットなど見どころを解説していきます!

スポンサーリンク

天神祭とは

天神祭は、大阪市で行われる日本三大祭りの一つで、7月24日と25日に開催されます。この祭りの目玉は「天神祭奉納花火」で、夜空と川面を彩る幻想的な光景が楽しめます。

スポンサーリンク

花火の打ち上げ場所

天神祭奉納花火は、桜ノ宮公園会場と川崎公園会場(造幣局横)の2か所から打ち上げられます。開催日は2024年7月25日で、19:30~20:50に行われます。約130万人が訪れるため、混雑が予想されます。駐車場はないので公共交通機関の利用がおすすめです。

花火の打ち上げ数

約5000発の花火が打ち上げられます。

有料席の情報

  • 指定席:12,000円(税込)
  • 指定席(弁当付):14,000円(税込)
  • 立見エリア入場券:3,000円(税込)

近隣の駐車場情報

当日は交通規制があり、コインパーキングも満車になることが多いため、公共交通機関を利用するのが賢明です。

おすすめの観覧スポット

  1. 源八橋、桜宮橋
    • 桜ノ宮駅または天満駅から徒歩。東側は混雑が激しく、18時頃から交通規制がかかります。西側は比較的空いており、屋台も楽しめます。
  2. 桜宮橋周辺
    • 北側は混雑が激しいが、迫力満点。南側はゆっくり楽しめ、造幣局前の仕掛け花火が見やすいです。
  3. 川崎橋周辺
    • 比較的空いており、トイレも近いです。
  4. 都島橋
    • 比較的空いており、視界を遮るものが少なく、船渡御と花火を楽しめます。
  5. 藤田停跡
    • 見物客が少なく、比較的空いている穴場スポットです。大阪城北詰駅が最寄りです。
  6. 桜之宮公園
    • 屋台が多く、15時過ぎには場所が埋まるため、早めに到着するのが良いです。
  7. OAPタワー
    • 打ち上げ場所に近く、迫力ある花火が見られますが、混雑が激しいです。
  8. OAPレジデンスタワー東側公園
    • 迫力ある花火が見られるスポットですが、早めの場所取りが必要です。
  9. 櫻宮神社
    • 穴場スポットで、神社から正面に花火が見られます。

花火大会の見どころ

「紅梅花火」と「文字花火」が特に注目されます。紅梅花火は夜空を赤く染め、文字花火は最大10文字までのメッセージを描きます。船渡御や水中花火も見逃せません。花火大会は18:00頃の船渡御から始まり、19:30から奉納花火大会が行われます。

まとめ

昨年は迷惑行為が問題となりました。ルールを守り、ゴミの持ち帰りや公共マナーの遵守を心がけましょう。

今回は、ここまでになります。最後までお付き合いいただきまして有り難うございました。

コメント