ほうれん草は捨てるところなし!赤い根元も捨てないで!

調理のコツ

今回は、ほうれん草について調べてみました! 

本当に捨てるところがないのかみていきましょう。

スポンサーリンク

根元には、葉先に送るための栄養がたっぷり!

疲労回復にも美肌にも、老若男女問わず必要な栄養が詰まった葉物野菜・ほうれん草。

葉や茎はもちろんですが、ここで注目してほしいのが根元の赤い部分。

昔は「食べちゃダメ」と言われていました。

実はここにこそ大事な要素が隠れていたのです。根から栄養素を吸い上げ、

茎を通って葉先に送るため、ほうれん草の中でいちばん栄養が多いのは葉の部分です

そして根は、葉先に送るための栄養素を留めているので、実は茎よりも栄養豊富なんです!

根元の部分にも、ミネラルなどの栄養がしっかり含まれています

また根元は栄養とともに甘みをたくわえているので、捨てずに食べないともったいないですよ!

スポンサーリンク

ほうれん草は根元も一緒に洗う!

ほうれん草の根元は土が溜まりやすく洗うのがちょっと面倒・・と思う人も。

でも基本の洗いかたなら、根元も簡単に汚れがとれて、しっかりキレイになります!

基本①

ほうれん草の根元に、十文字の切り込みを入れる。

基本②

流水、または水を溜めたボウルの中で、もむように泥を落とす。

旬のほうれん草は最強です!

旬である冬を迎えたほうれん草は、夏に比べてビタミンCがなんと3倍に!

そして甘みは9倍も上なんです

旬のほうれん草は、風邪をひきやすい冬の体を、しっかり守ってくれるので、

時期は逃さずにゲットしましょう。

ちなみに、ほうれん草のビタミンCは冷蔵保存では9日間で70%が失われて

しまいますが、下茹でしたものを冷凍すればビタミンC量はほぼ変わりません。

保存をするなら茹でてから冷凍すれば最長1ヵ月鮮度をキープできます!

緑黄色野菜中トップクラスの栄養

ほうれん草には鉄分の吸収を高めるビタミンCや、疲労を回復するビタミン

B群など、体をつくるミネラルなどが豊富に含まれています。

野菜の中でもトップクラスと言われる所以が伺えます。

根の「赤」にはマンガンが豊富!

貧血を防ぐ、また鉄分や骨をつくるマンガンは、

葉より根の赤い部分に多く含まれていることがわかりました。

ポリフェノールも入って、アンチエイジングには欠かせない、

まさに捨てるところがない野菜のひとつです!

まとめ

ほうれん草にはえぐみやアクのもと・シュウ酸が含まれています。

沸騰したお湯でサッと茹で、水にさらしてアクを抜いて。

ビタミンが流れてしまうため、1分ぐらいで手早くがコツのようです! 

コメント